弁護士のご紹介

悩みに寄り添い、二人三脚で

藤井 恭子

ふじい きょうこ

2008(平成20)年弁護士登録/修習61期/京都府出身/立命館大学大学院法務研究科修了

労働事件(労働者側)、離婚などの家事事件、刑事・少年事件、犯罪被害者からの相談などを数多く取り扱っています。また、B型肝炎訴訟弁護団員として、肝炎患者の皆さんの相談にのるなどの支援活動に取り組んでいます。

常に、市民の立場・困っている人の立場で物事を考え、依頼者の抱えている問題の解決のために惜しみない努力をしていきたいと思っています。

■略歴
京都府立洛東高等学校、立命館大学法学部法律学科、立命館大学法科大学院卒業

■取扱事件
一般民事事件、家事事件、破産・債務整理、交通事故、労働事件、刑事事件、少年事件、行政事件

■所属団体
犯罪被害者支援委員会(大阪弁護士会)
子どもの権利委員会(大阪弁護士会)
SACHICO(性暴力救援センター・大阪)

■弁護団活動
B型肝炎訴訟弁護団

この弁護士の記事

2017.05.25
公立中学校における熱中症事故裁判

毎年、夏は記録的な猛暑が続いています。 数年前から、学校の部活動中に生徒が熱中症を発症し、死亡や重篤な後遺症が残るといった事故が相次いで報道されるようになり、部活動中の熱中症対策が叫ばれるようになりま …続きを読む

2017.03.15
「テロ等準備罪」反対パレードに参加しました

3月13日、小雨のぱらつく中、大阪弁護士会主催の「テロ等組織犯罪準備罪」反対パレードに参加しました。当事務所からは、弁護士と事務員あわせて6人が参加しました。 政府が、今国会で提出する予定の「テロ等組 …続きを読む

2014.04.25
アパート明け渡しの解決手続

■家主からの相談 賃貸アパートを所有するXさんは、賃借人の一人であるYさんに退去して欲しいと言って、相談に来られました。   Yさんは家賃をきちんと支払っておらず、騒音を出したり、置いては行けない場所 …続きを読む

2012.10.22
パワハラされた上、懲戒解雇!?

1 パワハラの末、理由もないのに懲戒解雇   会社で事務職員として働いていたAさんは、会社の経営者から、毎日のように職場でAさんを侮辱するような言葉を浴びせられ、時には経営者の自宅にまで呼び出されて暴 …続きを読む