弁護士のご紹介

ていねいな説明とフットワークの軽さが持ち味です

岩佐 賢次

いわさ けんじ

2010(平成22)年弁護士登録/修習63期/大阪府出身/立命館大学大学院法学研究科修了

相談に来られた方が問題を解決したり、問題解決のヒントを掴んで、ほっとした表情で帰られる姿を見たときに、弁護士という職業のやりがいを感じます。

弁護士の数は増えていますが、市民のみなさん、中小企業の経営者のみなさんにとっては、周囲に知っている弁護士はおらず、まだまだ弁護士は敷居が高いと感じておられるかもしれません。

しかし、これまで多くのご相談者の方々に、「相談に来て話をしただけで、気が楽になりました。」「今まで一人で抱えてしんどかったです。もう少し早く相談すればよかったです。」「弁護士さんって、(意外と)話がしやすいのですね。」とおっしゃっていただいています。

市民のみなさま、中小企業の経営者のみなさまの身近に存在する法律の専門家として、ご相談者の個別の事情に応じた、取り得る最善の解決策をご相談者と一緒に考え抜き、ご提案できるよう日々研鑽を積み重ねております。

ご相談の内容が法律問題なのかどうかわからず、相談されるのを躊躇されているという方も、解決策の糸口が見つかることも多々ありますので、ぜひ、お気軽にご相談ください。

■略歴
私立桃山学院高等学校、立命館大学法学部卒業、立命館大学大学院法学研究科博士前期課程修了

■よく取り扱う事件

  • 相続に関する問題(遺言・遺産分割など)
  • 暴力や交通事故などの損害賠償請求
  • 借地借家に関する問題(明渡・敷金返還請求など)
  • 借金に関する問題(任意整理・個人再生・破産)
  • 離婚に関する問題
  • 労働問題(解雇・残業代請求など)
  • 医療過誤(患者側)
  • フランチャイズ契約に関する問題
  • 消費者契約に関する問題(インターネット契約、クレジットカード決済トラブルなど)
  • 中小企業のコンプライアンス(顧客トラブル対応・予防対策など)
  • 刑事事件

■著書
『大阪弁護士協同組合 発行「遺言相続の落とし穴」』(大阪弁護士会 遺言・相続センター編著 2013年3月 共著)

■弁護団活動
B型肝炎訴訟弁護団
クラブNOON弁護団 など

この弁護士の記事

2019.05.10
遺言制度が変わります

Q.相続法が改正されたと聞きました。遺言制度は、どのように変更されるのでしょうか? A.相続法が改正され、自分で作成する自筆証書遺言について、二つの変更点があります。 1 方式が緩やかになります(20 …続きを読む

2019.04.19
事業承継をいかに実現させるか

Aさんは、息子Bさんや親戚2名の従業員とともにプラスチック加工の事業を営んでいました。Aさんが病気で倒れた時、Bさんは、Aさんに多額の借入れがあることに気づき相談に来られました。 入院先で事情を聞き、 …続きを読む

2018.08.28
法律相談Q&A:借家の追い出し被害

Q:ある日、住んでいるアパートに帰ったら、部屋の玄関の鍵が開きません。私が家賃を3カ月分滞納したままなので、大家さんが契約している家賃保証会社が鍵を交換してしまったそうです。こんなことって許されるので …続きを読む

2018.05.11
離婚に伴う諸問題-面会交流について-

未成年の子どもがいる夫婦が離婚する場合、父母のいずれかが子どもの親権者となります。親権者とならず子どもを監護養育していない親が子どもと会うことを面会交流といいます。 協議離婚が成立していても、親権者と …続きを読む

2018.04.23
遺言書を作る-利点・方法・タイミングについて-

1 遺言(遺言書)とは 相続は、人が死亡する時に当然に発生します。誰が相続人になるかは法律で決まっていますが、何を誰が相続するかについては、相続人の間で、自由に協議で決められます。法律で定められている …続きを読む