弁護士のご紹介

ていねいな説明とフットワークの軽さが持ち味です

岩佐 賢次

いわさ けんじ

2010(平成22)年弁護士登録/修習旧63期/大阪府出身/立命館大学大学院法学研究科修了

相談に来られた方が問題を解決したり、問題解決のヒントを掴んで、ほっとした表情で帰られる姿を見たときに、弁護士という職業のやりがいを感じます。

相談事があっても、弁護士に相談することに心理的なハードルを感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、「相談に来て話をしただけで、気が楽になりました。」「今まで一人で抱えてしんどかったです。もう少し早く相談すればよかったです。」「弁護士さんって、(意外と)話がしやすいのですね。」と多くのご相談者の方におっしゃっていただいています。

市民のみなさま、中小企業の経営者のみなさまの身近に存在する法律の専門家として、ご相談者の個別の事情に応じた、取り得る最善の解決策をご相談者と一緒に考え抜き、ご提案できるよう日々研鑽を積み重ねております。

ご相談の内容が法律問題なのかどうかわからず、相談すること自体を悩まれているという方も、解決策の糸口が見つかることも多々ありますので、ぜひ、お気軽にご相談ください。

■略歴
私立桃山学院高等学校、立命館大学法学部卒業、立命館大学大学院法学研究科博士前期課程修了

■よく取り扱う事件

  • 相続に関する問題(遺言・遺産分割など)
  • 離婚に関する問題(財産分与・養育費・面会交流など)
  • 暴力や交通事故などの損害賠償請求
  • 借地借家に関する問題(明渡・敷金返還請求など)
  • 借金に関する問題(任意整理・個人再生・破産)
  • フランチャイズ契約に関する問題
  • 消費者契約に関する問題(インターネット契約、クレジットカード決済トラブルなど)
  • 労働問題(解雇・残業代請求など)
  • 医療過誤(患者側)
  • 中小企業のコンプライアンス(顧客トラブル対応・予防対策など)
  • 刑事事件

■著書
『大阪弁護士協同組合 発行「遺言相続の落とし穴」』(大阪弁護士会 遺言・相続センター編著 2013年3月 共著)

■弁護団活動
全国B型肝炎訴訟大阪弁護団
国有地低額譲渡の真相解明を求める弁護士・研究者の会

所属法律家団体・役職
自由法曹団本部 事務局次長(2015年10月~2017年10月)
自由法曹団大阪支部 事務局長(2019年10月~)

この弁護士の記事

2020.11.20
コロナ禍での刑事弁護~準抗告申立が認容され、勾留請求が却下されました~

Aさんは、海産物の内臓を海に捨てて、海上保安庁に逮捕され、その後勾留されました。勾留とは、逮捕に引き続いて、被疑者を身体拘束する手続きで、原則10日間、さらに延長される場合もあります。勾留は、被疑者の …続きを読む

2020.09.29
「大阪都構想」について事務所ニュース増刊号を発行します

大阪市を廃止する「大阪都構想」について、住民投票が実施されます。 「大阪都構想」とは何なのか? 市民には得になるのか? 大阪法律事務所発の情報をお届けします。 大阪市民である河野弁護士のコメント、加苅 …続きを読む

2020.09.11
「大阪都構想」が一目で分かる動画です

自由法曹団大阪支部が「大阪都構想」が一目で分かる動画を作成しました。 2分ほどで「大阪都構想」がわかります。音声も入りました。ぜひご視聴ください。 Q&A  What’s 大阪都構 …続きを読む

2020.09.07
大阪市を廃止・解体する「都構想」に反対する街頭宣伝に参加しました

9月4日(金)、5時半から6時半まで、南森町天神橋筋商店街入り口付近で、自由法曹団大阪支部の弁護士で「大阪都」構想反対の街頭宣伝活動を行いました。 9月3日に「都構想」の協定書が、大阪市議会でも議決さ …続きを読む

2020.08.18
コロナ法律相談Q&A:コロナで家賃の支払いが難しいときどうすれば?

問い 新型コロナウイルス拡大に伴う緊急事態宣言の発令中、収入が激減したため、家賃の支払いが難しくなってしまい困っています。   答え ひと月分賃料が支払えなくても、直ちに退去を義務付けられる …続きを読む