弁護士のご紹介

迅速に正確に お役に立てる弁護士に

谷 智恵子

たに ちえこ

1978(昭和53)年弁護士登録/修習30期/大阪出身/大阪市立大学法学部卒

弁護士への依頼は、それぞれの依頼者の方にとって、人生の一大事です。

数年間も多重債務で苦しんで相談にこられ、破産手続きを受任した50代の女性の方が、最終手続き(免責審尋期日と言います。)でお会いした際に言われたこと。「今日、裁判所に来るとき、木がきれいに紅葉していました。気がつけば、ここ何年も、季節の移り変わりも感じることがありませんでした。」と、本当に、ほっとした様子でした。

また、例えば、離婚事件などでも、最初に相談にこられる時には、どの方も、混乱したり、落ち込んだりと大変なご様子です。しかし、相談を重ね、離婚調停など手続きが進みと、経過するうちに、未来に目がいくようになることもあって、だんだんと、表情が明るくなっていかれます。そして、問題が、決着し、しっかりと再出発されていきます。

弁護士になって、40年。これまで市民生活におこる様々の問題に取り組んできました。受任事件の中で、依頼者とともに困難な事態を解決することは、自分の弁護士としての仕事であると同時に人生や社会について学ぶ機会でもあります。

弁護士になった当初から1998年の裁判解決後まで西淀川大気汚染公害裁判の弁護団に参加しました。その後も公害患者さんとのおつきあいは続き、「命と健康」を蔑ろにさせない、との思いで、現在も、大阪アスベスト弁護団、水俣病近畿訴訟弁護団に参加しています。

離婚、相続などの家事事件、保育士さんの職業病・過労死など公務災害事件、住友金属男女差別事件、等々、依頼者の多くは女性です。

■よく取り扱う事件
民事、家事(離婚、相続、子ども)、医療過誤、労働、労働災害

この弁護士の記事

2021.08.22
建設アスベスト訴訟が最高裁で勝利しました

 5月17日、最高裁判所は、概ね昭和50年以降、建設作業に従事した原告(労働者だけでなく、一人親方、個人事業主にも)に、国と建材メーカーの損害賠償責任があると認めました。   そして、国は、被害者に謝 …続きを読む

2021.05.20
水俣病の裁判を闘っています

不知火海沿岸で生まれ育ち、就職や結婚で故郷を離れ、近畿や中部地方で働き、生活するようになった人達が、 国とチッソを相手に、「ノーモア・ミ ナマタ第2次近畿訴訟」を大阪地裁に提訴して6年以上が経過しまし …続きを読む

2021.01.10
法律相談Q&A 子どもがいない夫婦 相続はどうする?

問い 私は75歳、夫は78歳。子どもはなく、親もいません。夫と2人で商売をしてきました。ふたりの名義で居住用の不動産と預貯金があります。どちらかが先に逝っても、残された者が1人で生活していかねばなりま …続きを読む

2020.10.10
あるトラックの事故で

イベント会場の設備の撤去業務についていたAさんは、会場設備のトラックヘの積み込みの手伝いをしていました。トラックのパワーゲート(トラックの後部に付属する積み込み用の上下する台)に400㎏の荷物入りカゴ …続きを読む

2020.08.04
コロナと破産

美容師のAさんは、30年以上も同じお店で働いてきました。給料は歩合給で、店の売り上げのうちの約半分を歩合で受け取るというものでした。 以前から、何件かのカード会社からの借り入れがありましたが、給料の …続きを読む