弁護士のご紹介

迅速に正確に お役に立てる弁護士に

谷 智恵子

たに ちえこ

1978(昭和53)年弁護士登録/修習30期/大阪出身/大阪市立大学法学部卒

弁護士への依頼は、それぞれの依頼者の方にとって、人生の一大事です。

数年間も多重債務で苦しんで相談にこられ、破産手続きを受任した50代の女性の方が、最終手続き(免責審尋期日と言います。)でお会いした際に言われたこと。「今日、裁判所に来るとき、木がきれいに紅葉していました。気がつけば、ここ何年も、季節の移り変わりも感じることがありませんでした。」と、本当に、ほっとした様子でした。

また、例えば、離婚事件などでも、最初に相談にこられる時には、どの方も、混乱したり、落ち込んだりと大変なご様子です。しかし、相談を重ね、離婚調停など手続きが進みと、経過するうちに、未来に目がいくようになることもあって、だんだんと、表情が明るくなっていかれます。そして、問題が、決着し、しっかりと再出発されていきます。

弁護士になって、39年。これまで市民生活におこる様々の問題に取り組んできました。受任事件の中で、依頼者とともに困難な事態を解決することは、自分の弁護士としての仕事であると同時に人生や社会について学ぶ機会でもあります。
 
弁護士になった当初から1998年の裁判解決後まで西淀川大気汚染公害裁判の弁護団に参加しました。その後も公害患者さんとのおつきあいは続き、「命と健康」を蔑ろにさせない、との思いで、現在も、大阪アスベスト弁護団、水俣病近畿訴訟弁護団に参加しています。

離婚、相続などの家事事件、保育士さんの職業病・過労死など公務災害事件、住友金属男女差別事件、等々、依頼者の多くは女性です。

■よく取り扱う事件
民事、家事(離婚、相続、子ども)、医療過誤、労働、労働災害

この弁護士の記事

2017.05.22
水俣病は終わってない 「ノーモア水俣第2次訴訟」

「えっ、水俣病って、まだ裁判しているんですか」というのが、大方の反応です。でも、公式発見から61年、水俣病は、終わっていません。 チッソが水俣湾に汚染水を流し、国がきちっとした規制も調査もしないままで …続きを読む

2012.10.10
関係の途絶えた兄弟と遺産分割の話し合いがしたい

親子兄弟の間で,長年の間に,色々の問題や確執が生まれることも多々あり,それが原因で,長期間音沙汰もないということも,まま起こります。 しかし,親が亡くなると、子供たちの間で遺産分割の話し合いを,いつか …続きを読む

2012.07.25
相続財産の全容がわからない・・相続の「限定承認」について

心配ごと Aさんの妻Bさんが亡くなり、Aさんと2人の息子さんが相続をしました。亡くなったBさんには不動産などの財産がありましたが、一方で、亡くなった後、Bさんが借金をしていることも分かりました。複数の …続きを読む

2012.07.05
泉南アスベスト国賠訴訟第2陣、大阪高裁不当判決を克服し、再び国の責任を断罪

大阪地方裁判所は、今年3月28日、第2陣訴訟(被害者36名)について、再び泉南地域のアスベスト被害について国の責任を認め、勝訴しました。 大阪泉南アスベスト国家賠償訴訟は、2006(平成18)年、大阪 …続きを読む

2011.12.16
離婚に伴う財産の保全

(慰謝料請求と財産分与) 離婚を決意したとき、解決の必要な経済的な問題は、慰謝料と財産分与です。   離婚慰謝料は、夫婦の関係を破綻させられた人が、破綻させた人(有責配偶者)に対して求めることのできる …続きを読む