弁護士のご紹介

筋を読んで、適切な解決方法を提案します

河野 豊

かわの ゆたか

1997(平成9)年弁護士登録/修習49期/大阪府立八尾高校、大阪市立大学法学部卒

本来、法は、不公正や不公平を禁じるものです。

法を知らないために、あるいは、法が適用されないために理不尽な目に遭われている方に、正当な法的サービスを提供し、権利の実現にお役に立ちたいと考えています。

新しい問題に対しても、適正な解決のために、皆さんと一緒に努力を続ける所存です。

■略歴
大阪府立八尾高校、大阪市立大学出身

■取扱分野
民事紛争全般、家事紛争

■よく取り扱う事件
医療紛争、交通事故、遺産分割、消費者被害、多重債務関連、破産管財、住民訴訟、株主代表訴訟等

■委員会等
日本弁護士連合会人権擁護委員会
大阪弁護士会人権擁護委員会
大阪弁護士会人権救済調査室

この弁護士の記事

2021.10.21
こんな時に「壊憲」?

今の政権周辺(維新を含む)は、新型コロナウイルスの感染対策に自らが失敗したがために生じたパニックを奇貨として、自らの悪事の足枷になっている憲法の破壊に本腰を入れ始めました。  言うまでもなく、今の憲法 …続きを読む

2021.06.10
終活としての遺言作成  残された人のために

問い 最近、自分が急に亡くなった時のことを考えます。残した子供達に余計な手間をかけないようにするにはどうすれば良いでしょうか。   答え 新型肺炎が蔓延し、医療体制が崩壊してしまったため、死 …続きを読む

2021.02.01
大阪市の廃止は、 免れました

昨年の11月1日、大阪市を廃止するための住民投票が強行されましたが、大阪市廃止を無事に阻止することができました。  当事務所は、カジノ建設などの浪費を防ぎ、住民サービスを維持するために、皆様のご協力を …続きを読む

2020.08.15
コロナ騒動で判明したこと~医療体制の崩壊

この度のコロナ騒動(新型肺炎を巡る世の中の混乱)で、皆さんも神経をすり減らしていることと思います。 この新型肺炎は、特効薬(ワクチン)が開発されていないだけでなく、発病した時に検査や治療を速やかに受け …続きを読む

2020.08.12
日韓関係に思うこと

2019年、日本に来る韓国人旅行者が激減したそうです。この原因は、いわゆる徴用工判決を口実にした、日本政府による韓国バッシングにあります。 徴用工の問題は未解決であり、戦後補償のあり方が問われるだけに …続きを読む