取扱事件のご紹介

刑事・少年事件

逮捕されたり、警察・検察庁から呼び出され、取調べを受けたりしたとき、どうしたらよいか分からないことが多いでしょう。そのような場合、弁護士に依頼することができます。初期の段階から弁護士がつくことによって、早期釈放や、不起訴を勝ち取ることができることもあります。起訴された場合、公判も引き続いて担当します。

未成年者の場合、少年事件として成人の刑事事件とは手続が異なります。未成年者の場合、更生の観点からも、早期に弁護士が弁護人・付添人として活動することが重要です。

刑事・少年事件に関するコラム